認知症の方と。

2015.02.14

こんにちは、カラリストの安生すみえです。

 

毎月1度、ディケアサービスへボランティアに行きます。

色カルタでお話し会をするためです。

 

色カルタはクオリアゲーム、色彩ケアとよばれるカラーツールです。

128枚の色カルタのなかから「お題」のイメージにぴったりな色を選び

お話ししていただきます。

 

クオリアとは「感覚質・質感」といわれるもので、たとえば「懐かしいお袋の味」や

「故郷の風景」など・・・心の琴線に触れるなにかです。

 

たくさんの色を目の前にするだけでもみなさんの顔が笑顔になります。

同時に脳への刺激があります。

 

そこで話をしていただきますと、不思議と忘れていたできごとをふと思い出される方が

いらっしゃったり、着る服の色が明るくなり、無口だった方がおしゃべりに変わるようすも

見られます。

 

認知症の改善、とはいきませんが色カルタお話し会を体験していただくことにより、症状の改善、

進行を遅くする効果は感じております。

データはございませんが、患者さんをよい状態に導くことは可能ではないかと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。



戻る